CryEngineでmmdモデルを使うには

前回までは通常のキャラクターモデルを使った方法でしたが今回はmmdモデルを使ってみたいと思います。

直接pmd、pmxを読み込める訳ではないので一度変換する必要があります。

大まかな流れとしては

mmdにモデル及びモーションの適用 → MMDBrigeにてAlembicで書き出し→

「C4D、ブレンダー、maya、maxなど」で編集 → Alembicで書き出し → CryEngineで読み込みとなります。

※但しAlembicを読み込めるのはEaas版のみで無料SDKにはこの機能はありません。

基本的にMMD内でのモーションや表情、スカートや髪の揺れなどがそのまま反映されます。

ただし全フレームをキャッシュとして書き出す為ファイルサイズが3分程度のもので10ギガ近くなる事もありますのでディスクサイズには注意してください。

 

大変便利なツールですがたまにフレーム飛びがあるので元の音源との同期が大変なのは覚悟してください^^

今後おそらくMMDBridge側で改善されるでしょう

新バージョンによりフレーム飛びは解消されました。2015/3/12 ver0.5.7

 

方法としてはmmdからの書き出しまではMMDBridgeの公式サイトを参照してください。

 

 

06c59f58b1ece84a3c23937a2fee69e9

 

書き出したAlembicファイルをツール内に読み込むとmaya用の場合はモデルが結合されているので一度分離させます。

マテリアルデータも消し飛んでいるので各部に適切なマテリアルを新規で作成し適用していきます。

元のモデルのテクスチャーを参考にしながら割り当てると分かり易いです。

ただここでテクスチャーまでは割り当てる必要はありません。

グロウなどを使いたい場合は光らせたい場所ごとに別途新規作成したほうがよいでしょう。

 

私の場合はマテリアル毎にちゃんと分離されて出力されるC4d用で書き出しています。

 

c8b8efd0f8b363f97555129477ea96db

 

作業が終わりましたら次にモデルをもう一度結合します。

結合しないとCryEngine内でマテリアルが統合されてしまいます。

 

次に結合したモデルのサイズを正確でなくてもかまわないので目安とし10倍程度に拡大します。

そのままのサイズだとポリゴンの表面がブロック状になります。

 

フレームレートを30fpsにし0からモーションの最後までをモデルを選択し選択項目をAlembicで書き出します。

ここまでは各ツール共通の作業だと思いますが詳細オプションのとしてこの方式でうまく書き出せています。

 

476703c28a3e639abe294575c4f566b1

 

後はCryEngine内での変換です。
まず書き出した.abcファイルをCryEngineのGameSDK内にあるObject→GeomCache内にフォルダーを作り移動させます。

 

CryEngineを立ち上げEntity内のRenderフォルダーないにGeomCacheがありますので地面に出して下さい。

 

赤いタマゴのような物がでますのでこのFileを先ほど書き出したAlembicファイルに差し替えます。

7b6cffc123e64fa4034e6dc9a9c1c092

 

すると変換がスタートしますので固まったように見えますが終わるまで10分程度待ちましょう。

e80d2f7e7ab0339aa3b422eb3f9d9f06

 

変換が終わりましたらEntity Properties内のPlayngにチェックを入れ動作するか確認します。

be33978d239830512926bab9ca353313

 

後はマテリアルエディタで新規にマルチマテリアルを作成しマテリアルナンバーごとにテクスチャを割り当てで完成です。
マテリアルの割り当ては過去記事を参照してください。

87ec7c214e87b156e6498fc1ff5e9a88

 

ここまで終わったら書き出した巨大な.abcファイルは削除しても構いません。
次からは変換されたCryEngine用の.caxを読み込むようにします。

インポート自体はとても簡単でmmdのビジュアルとは違った動画を作成できます。
mmdモデルの使用に関しては各規約をよく読んでから使用しましょう。
今回使用したキャラクター
プロ生ちゃん
© 2011-2014 プログラミング生放送
http://pronama.azurewebsites.net/pronama/
次回は動画作成に必要なトラックビューの使い方について書きたいと思いますのでしばしお待ちください。

 

参考動画その1

参考動画その2

追記としてステージ関係は使えるのか?
少しだけコツが必要ですが結果はごらんの通り
こちらのステージモデルはケミリア様よりお借りしました。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm24715204

物理シェーダON
285382b27556e78fa21e5456b79d92cf

物理ジェーダOFF
9e7f5a82e5baf7f78dc2ad422d45d88e

本来は破壊系などに使う物と思ってください


 


3 thoughts on “CryEngineでmmdモデルを使うには

  1. […] CryEngineでmmdモデルを使うには […]

  2. ArtomYuan

    请问一定需要C4D这个过程才能将MMD的模型载入到CryEngine吗?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です