CryEngineの有料版がSteamでsubscriptionで利用できる

 

最近のゲームエンジンの方向性が揃ってきたところで
いよいよCryEngineも有料版を「9.90 $/月額」subscriptionで利用できるようになりました。

利用はSteamでとなります。http://store.steampowered.com/app/220980/

123638

 

 

ですが今のところメリットが無いとか色々な批判が飛び交っていますが^^

まぁ確かに今は有料版についている物理ベースのシェーダ以外はフリーのsdkとなんら変わりませんw

慌てて今契約するのは確かに無駄かもしれませんが

しかし今後のsdkはどうやら今のバージョンから更新されないようなので開発を進めるのならば
やはりsubscription版を利用したほうが良いみたいです。
f0823137cd41293b094d90c28c08ad5b

 

 

今のバージョンの3.5.8はよく出来ていますが今後のバグ修正などを考えると有料版にするしかないようです。

ツール自体が難しいのでフリーのsdkで慣れてから有料版に移行するのが今のところ妥当な選択肢だと思います。

 

遊びで使う程度であればsdkのまま使い続けるのをお勧めします。

古いバージョンでも十分綺麗ですので問題はないでしょう。

扱いやすいのと情報が一番多いのは3.4系なので個人的にはそちらをお勧めします。^^
トップページからダウンロードリンクが消えていますがSDKはこちらからダウンロードできます。

http://www.cryengine.com/community/downloads.php?view=detail&category=125&df_id=5310
*古いバージョンはもう無くなりました。

 

私はもう少し待って次のバージョンが出てからsubscription登録しようかと思っています。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です