CryEngineを使ってみよう「製作編」

今回は簡単な物をCryEngineで使える形式に出す方法を説明します。

静的オブジェクトの場合の拡張子は.cgf になります

この他にもキャラクター用の.chrや.skin アニメーション用の.cgaなどもありますがその辺はのちほど説明します。

この静的オブジェクトに関してはどのツールで書き出しても今のところ、うまく書き出せています。

使いやすいツールで書き出せば良いかと思います。

今回はMAXの場合で説明しますが

まず何でも良いのでポリゴンオブジェクトを出します。

    「メッシュの場合は必ずポリゴンに変換してください。」

 

4a1ebe65685ccc073fd95e8d02190562

 

 

次に出したオブジェクトを選択し

エクスポートツール内のAdd Selectedを押します

枠内にオブジェクトの名前が表示されればokです。

Export formatが.cgfになっている事を確認してください。
2305e70aa1b40dbf3124a840b1eeb338

 

次に書き出す場所を指定します。

今回はGame/Objrcts/内「3.5系以上はGameSDK/Objects」に新しくtestという名前のフォルダーを作って下さい。

下の図の場所にてそのフォルダーを指定し書き出すファイル名をtestとしてください。
t2
下の青文字のExport Nodesを押せば書き出せるのですが。

多分こんな警告が出ると思います。
e8121fa199ab393e34fa5c461ecb286f

 

 

これが出た場合はシーンを保存しろって事なのでわかりやすく先ほど作ったフォルダーに
max形式でシーンを保存してください。

もう一度Export Nodesを押して書き出してみましょう。

するとフォルダー内にtest.cgfというファイルが作られているはずです。

500182f02f32c15afc4f8f7232ef04de

 

後はCryEnginを立ち上げて読み込めるかテストしてみましょう。
問題がなければちゃんと読み込めるはずですが
立ち上げたら慣れないうちは図のようにツールバーを設定していてください。

地面に埋まらないようにする為のおまじないです。

025d04917866ff99880d777bc3712cd4

 

次に右側のRollupBar内のBrushから先ほど書き出したフォルダー内にある
testというのを選択し画面内にドラッグし一度クリックしてみましょう。
c47cc68489faaee05acd0d9bf65cfa7a

 

作ったサイズにもよりますが小さい場合は拡大しましょう。

問題なければ赤いオブジェクトが表示されていると思います。

 

66919c61eacef652a18c67fe9a270e97

 

マテリアルの作り方は後ほど別に記事にしますので今回はここまでとします。

続きはのちほど^^
追記
わかりにくいようなので作業の流れを動画に撮ってみました


4 thoughts on “CryEngineを使ってみよう「製作編」

  1. ぽんた

    初めまして!
    いつも動画を拝見させて頂いてます!
    質問なのですが、このCryEngineで作られているCrysisシリーズなどで、さまざまなイベントが発生しますがあのようなのはどうすればできるのでしょうか?
    できれば、ご教授願いたいです
    &MOBなどにモーションを取らせる方法などもできれば教えて頂ければ助かります

    1. 管理人

      何かイベント等を発生させるには何らかのトリガーが必要になります。
      その場合エリアに侵入した場合や何かを触ったり等設定は色々可能です。
      MOB等のモーションは後の記事を参照してみて下さい。
      バージョンは違いますがCrymodの方で詳細に書かれていたと思います。
      参考に
      http://www6.atpages.jp/~alexwong/index.php?AI1

  2. MSA

    はじめまして
    最近、CryEngineを使い始めた者です。
    3ds MAX 2014からプラグインでモデルを出力したのですが、外観は表示されていてもあたり判定がありません。
    あたり判定も設定が別に必要なのでしょうか?

    1. 管理人

      当たり判定を必要とする場合マテリアルにPhysicalizeの設定をする必要があります。
      http://gyazo.com/2b57493a8c2aafc87f226de21d0229ee
      ProxyObjectを使う場合はProxy側にNoDrowを割り当てれば描画されずに当たり判定が付きます。
      詳細はこちら
      http://docs.cryengine.com/display/SDKDOC2/Basic+Asset+Setup+and+Export+out+of+Max

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です