PaintTool Mariの使い方

はじめに

3Dペイントツールはいくつかありますが中でも多機能で使いやすく操作性も良いThe Foundry社のMariの使い方と解説を少しずつ書いていきたいと思います。

昔Mari覚書という日本語解説ブログを書いていたのですがツールの価格も高くあまり日本では需要も無かった為閉鎖してしまいました。

mua

 

 

しかし最近になりMARI indieという機能制限はありますが、月額1200円前後で使えるものが出てきたのと

使い方の解説がどれも昔のバージョンだったりしている事もあり新たにこのブログにてMariのカテゴリーを追加する事にしました。

Mariという名前も検索にかかりにくいのでチュートリアルも探すのが大変だったりしますが

幸運にもこのブログにたどり着けた方に少しでも役に立てれれば幸いです。

更新頻度は遅いですが出来るだけ初めて使う方にも分かり易く書いていければと思います。

 

ペイントツールのメリット

ペイントツールの最大のメリットはオブジェクトに直接塗ることが可能なのでUVの歪みや継ぎ目を気にする事なく見た目のままペイントできます。
最近では物理シェーダにも対応しているのでゲーム内での見た目をそのまま再現可能のままペイントする事も可能です。

 

 

では早速始めましょう。

最初に各操作等の説明の前に操作性を一貫させたいのでEditPreference内のNavigationタブのControl TypeをMayaにします。

6feb94f92102dc7f50ea8f5f7be12f14

これでmayaと同じカメラ操作となりますがショートカットはMari独自のままですがオリジナル化したい方は変更も可能です。

最初にペイントする為のオブジェクトを読み込まなくては始まりませんのでFile Newを開きます。

1431282ec762863d3d6599333a68ce14

Pathより.abc .fbx .obj .ptxのいずれかに対応している物を読み込みます。
通常版であれば制限なしで読み込めますがindie版の場合制限がありますので気を付けましょう。
indie版の場合は1メッシュずつ読み込むようにしてください。
テクスチャーは後でも読み込めますが新規作成する場合はここでCreateにチェチックょ入れます。
サイズに関しては後でも変更できますが4kにて作成しましょう。

UIに関してはフォトショップに近いものになっていますがパレット群は好きな位置に移動や結合が可能です。
細かい説明は今後順に解説していきますが、今回は簡単に読み込んだオブジェクトに対して適当に塗ってみましょう。

c8d940a81e43bf2bf2e49987082eb638

キーボードのPキー(Paint)を押してからオブジェクトに塗ります。
2種類のブラシを切り替える事が出来ますNキーでもう一度押すと戻ります。
消すときはEキー(Eraser)でケシゴムが使えます。

今回はとりあえずここまでの説明とします。
次回は各パレットや具体的に操作説明を書こうかと思っています。

 

 


3 thoughts on “PaintTool Mariの使い方

  1. edogawa

    初めまして、せっかくMARI Indieを購入したものの
    使い方が全く検索に引っかからず、ここにきました。
    (自分がわかってないだけかもしれませんが、ミラーモードの仕様など結構クセがありますね。)              
    こういうBlogは非常にありがたいです。今後の更新を期待しております。頑張ってください。

  2. 管理人

    edogawa様
    コメントありがとうございます。
    Mariは検索するのが大変ですよね^^できるだけ初歩的な部分から解説できていけたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です