プリンターが壊れたのでCanon Pro-10sを買ってみた。

6年ほど使っていたプリンターが故障したため新しくプリンターを新調しました。

値段的に少し安いCanonのプリンターにしようと考えていたのですが

同じシリーズで染料インクと顔料インクのどちらか選べみたいな機種があり散々悩んだ末に

個人的に光沢紙があまり好きでは無いのとサンプルのモノクロ写真の風合いが好みだったので

顔料インクのPro-10sに決めました。

まず届いた箱が人が入れるくらいデカいのと20kgという重量に驚きです流石プロシリーズw

 

最近のプリンターってテストインクではなく新品のインクが付属してるんですね。

10色インクなのでこれは助かりました。

それとお試しパックの写真用紙が3種類付属してました。

 

印刷してみて感じた事は用紙によって仕上がりにかなりの差がでます。

好みもあるかもしれませんがこのプリンターの場合ラスターが相性が良い感じがしました。

黒の締まり具合もかなり良くモノクロ写真が好きな人はこのプリンターでいいんじゃないかと言い切れるほど

満足のいく質感で印刷できます。

とにかく感じた事は良いカメラやレンズ買うよりも先に良いプリンターを買えです。

昔の古いカメラで撮った写真をこのプリンターで印刷してみてよくわかりました

自分は今まで使ってきたカメラの実力や楽しみ方の半分も使えてなかったんだなと

まじで良いプリンターを買うと写真の撮り方まで変わってくるのと選別の仕方まで変化してきます。

それくらい言えるほど良い絵を出してくれるプリンターだと1枚出力するだけで感じました。

 

このままだと染料インクのPro-100sも買ってしまうかも・・・・・

 

あと実感したのは

パソコンのモニターだけで判断してる人のカメラやレンズのレビューを信用するべきでは無いとよくわかりました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータがどう処理されているか知りたい方はこちらをお読みください